これはお客様次第です。たとえば、Rabyy をそのまま使って、タブレットとして、Youtube垂れ流しでリビングやベッドルームに置いたり、また、Rabyy Creator でカメラやセンサを付けて店舗の「Welcomeボード」を作ったり、また、一人暮らしの女性のための、「侵入者視機装置」なんかもできるかもしれません。こういったアプリは今後、このホームページで公開していきます。