今回は「SSH」の設定です。

RaspbrryPiをネットワーク経由で自分のPCから遠隔操作する方法です。

ディスプレイやマウスやキーボードを接続しなくともRabyyの操作ができるようになるので、スッキリです。

※注意※ SSHで遠隔操作できるのは、コンソール画面のみです。グラフィック画面の遠隔操作については設定その4をご覧ください。

<通常の場合>
Rabyyにディスプレイ、キーボード、マウスをつなげて操作する。
FullSizeRender-2

<SSHを使って遠隔操作する場合>
自分のPCからネットワーク経由でRabyyを遠隔操作する。RabyyとPCだけでよいのでスッキリ!
IMG_2945

 

SSHを使うときは、RaspberryPi側の設定自分のPC側の設定が必要です。

必要なもの: ネットワークにつながったPC

手順:

【RaspberryPi側の設定】

1.raspi-configを起動します。

「8 Advanced Options 」を選択します。

Cut2015_0910_1649_30

「A4 SSH」を選択します。

Cut2015_0910_1650_03

「<Enable>」を選択します。

Cut2015_0910_1650_12

「<Finish>」でraspi-configを閉じます。

2.IPアドレスを確認します。

Cut2015_0910_1658_00

wlan0を使用しているので、この場合IPアドレスは「192.168.1.62」です。

 

【PC側の設定】

1.ターミナルソフトをインストールします。

WoobyStudioで動作確認済みの「Teraterm」というソフトの場合について説明します。

こちらからダウンロードして、自分のPCにインストールします。

2.「Teraterm」でraspberrypiにログインします。

Teratermを立ち上げます。

Cut2015_0910_1705_19

ホストに先ほど調べたraspberrypiのIPアドレスを入力します。サービスは「SSH」を選択し、OKを押します。

Cut2015_0910_1705_36

ユーザ名とパスフレーズを入力します。

Cut2015_0910_1705_53

コンソール画面が立ち上がり、自分のPCからraspberrypiを遠隔操作できるようになりました!

Cut2015_0910_1712_49

おつかれさまです。